たんぱく質

任地に来てから全然栄養のあるものを食べていない。

自覚があるくらい食べていない。

エムハヤ通信にも書いた通りここルアンダ&エムハヤには食材が少ない。

 

その結果こうなった。

仕事や環境からくる疲れももちろんある。
だけど1番の原因は食生活だと思う。

朝食:紅茶&クッキー

昼食:チャパティ(2枚)

夕飯:パスタ,ご飯(フライパン調理),フライドポテト

大袈裟ではなくこんな感じの毎日だった。笑

 

中でも枯渇してたのはたんぱく質。

肉も魚も卵も(卵は稀にマーケットに出てくる)この3週間で1,2回しか食べてなかった。

免疫力低下や風邪も引きやすくなるのは当然のこと…反省。

 

たんぱく質は様々な食材から摂取できるけれど、その量や性質は異なるためバランス良く摂取する必要がある。

他の栄養素も足りてないけれど、最優先はたんぱく質。たんぱく質。

 

日本でさえ問題になっている栄養の偏り。

云わんやケニアをや。

 

 

よろしくない。とてもよろしくない。
せめて保存の利く植物性たんぱく質だけでも。

 

だけれどようやくこの日がやってきた。

VISA更新に合わせて首都ナイロビで買い込んできた。

調理器具、調味料、根菜類、そして何よりたんぱく質。

大豆をスーパーの一角から消してきた。笑
全7キロ。全て味噌にする。

醤油やオリーブ油、しっかり加熱できる鍋。

生活費も入ったので目一杯整える。
年末年始は栄養バランスの良いものを食べれる様にしたい。

 

 

最後にナイロビで摂ったたんぱく質たち。

牛肉麺。任地ではまず食べれない。
大事な動物性タンパク質。

そして日本食。

改めて日本食を食べて感じたこと。

①精神的安定
②味噌による高タンパク質摂取
③出汁からの旨味
④つまり体調が整う

体調不良も重なって美味しく感じたのだろうけど、
こんなに日本食が美味しく感じたのは久々だった。

今後も体調管理には気を配らなくちゃ。

4 件のコメント

  • 高タンパクはいいですけど、ビタミンも摂らないと内臓不調や肌荒れに繋がりますから注意ですな。
    プロテインでもあれば良かったですね笑

    • やっぱりビタミンも必須ですよね。毎日マンゴーとパイナップルじゃ駄目かな…。笑 何とかバランス良く栄養摂取する方法考えます。

      あと三脚調べてます。日本から郵送すると関税25%,消費税16%というとんでもない利率がかかってくるので、何とかナイロビ市内で探します。笑

    • 初コメントありがとうちひ。

      もう身体信じるっきゃないね。頑張る俺の身体。そしてちゃんと食べるわ、プロテイン。

      そっちの近況もぜひ教えてね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    ▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中