アメリカ発祥の地 東海岸に位置するマサチューセッツ州ボストン / USA,Boston(1)

僕が海外へ踏み込んだ第一歩

国内外問わず旅をご紹介していきます。
巡った順番にシリーズ化していこうと思います。

まずは初めて単身海外へ飛び出したアメリカ合衆国はボストンのお話。

今日は概要とスタート時の内容をご紹介しますね。

 

気候

年間通じて日本に近い気候です。

4,5月の春先は日本よりも少し気温が高いです。ボストンでは見かけませんでしたが、ワシントンDCには桜並木が綺麗に咲きます。

7月が最も暑く湿度もあるため、公園の木陰には多くの人が涼みに来ています。一方で経緯は日本の青森や北海道とほぼ同じなので冬のシーズンは極寒です。それでもサンダルで出歩く人とか結構います。笑

 

人口と宗教

一昨年の統計データによると約650,000人とのこと。人種別構成も載っていましたが僕は好きじゃないので載せてません。気になる方は州ホームページをご参照下さい。

宗教はほとんどがカトリックとの統計が出ており、僕が住んでいる頃先生に聞いた時も基本的にはカトリックだと仰っていました。

 

観光スポット

ボストンコモン

 

フリーダムトレイル

 

ファニアルホールマーケットプレイス

 

ボストン茶会事件跡地

 

ほかにもオリエントビーチ,ボストン茶会事件跡,フェンウェイパーク球場,etc…

多様なジャンルの観光スポットが数多くあります。留学期間の3カ月では全く足りませんでした。笑

今後少しずつご紹介していきますね。

 

料理と名産品

オイスター(牡蠣)、クラムチャウダー、ロブスター。東海岸に位置するボストンは大西洋からとれる新鮮な魚介類が美味しいです。

お店でメニューを見ると「Market price」(時価)と記載されていることも多いですが、ぜひ行った際には食べて欲しいです。

そして木の実のクランベリーも特産品のひとつです。よくスーパーに行くとジュースやジャムとして売ってます。ドライフルーツやチョコレートを使った加工品でお土産としても購入する方が多かった。

最初の3日間はクランベリージュースに頼る生活をしてました。この真相も今後お伝えします。

 

歴史

アメリカ合衆国の発祥の地と称されるのは、アメリカ独立戦争のきっかけがここボストンで起きたからです。

17世紀頃まではイギリスの清教徒によってその礎が築かれました。先住民族がもともといたプリマスという地域はいまも残っており、当時の英国文化の様子を残した村です。観光できます。

 

また当時イギリスとフランスによる植民地化争いが過熱し武力衝突に発展(※ここでケニアも絡んでくるので、世界は繋がるなあと実感)

その補償金を植民地であるボストン(プリマス)にも負担させようと、輸入品に高い印税を強引に課し、結果反旗を翻した市民のより貨物船の荷物を海にぶん投げるという事件があったんですね。

これがボストン茶会事件です。お茶の理由は当時高価で取引されていた茶葉だけを貨物船に残し本国に帰還したからだと言われています。

ざっくりした説明なので興味のある方はぜひ。

 

教育

僕が在籍していたボストン大学はもちろん、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT),バークリー音楽大学など、実績のある大学が多く密集している地域です。

マサチューセッツ州の経済の25%は大学をはじめとする教育機関が占めているというデータもあるので、その質の高さと規模の大きさが伺えます。

図書館や施設内に入るにはIDカードが必要ですが、中庭やベンチなどは一般の方も利用できますよ。よくリスや猫がその辺をうろちょろしてます。

 

スポーツ

一番はやっぱりボストンレッドソックスですね。フェンウェイパーク球場の周りに行くとどうしてTシャツ着てないんだよと怒られます。笑

それくらい地元球団への熱意は凄まじいです。球場から10分ほど歩いたところに住んでいたのですが、その声援はすんごかったです。

 

初の海外生活! その住居

そんな感じで大まかな概要お伝えしてきましたが、基本情報は調べれば出ますからね。

今回は最後に僕の記念すべき海外生活の住居やその近辺状況をご紹介して〆ます。

 

チャールズリバー。ボストンにいるといろんな場所からこれを眺めることができます。

何度これを見て飛び込もうと思ったことか。笑

通学路ですね。車社会なのでとても車通りが多いです。

家の裏口ですね。一番奥の部屋だったので裏口からいつも出入りしてました。

もうこの頃は周りにあるものすべてが新鮮で、目に入るもの全部撮影してました。笑

 

続いて部屋のご紹介。

デーブル,冷蔵庫,洗濯機,ガスコンロなど一通りの設備は整っています。

ただこの部屋もいろいろと訳がありこんなに素晴らしい住環境に変貌したのです。もともとはルームメイトと2人部屋の予定だったのですが。

続きは次回の記事でご紹介します。
温和な山形男子の綴り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中