イライラしても甘味さえあれば落ち着きます

とりあえず甘味とお茶があれば平和になるというお話

みえないものとの闘い

こちらは現在お昼の12時前です。今日僕は深夜2時からこの時間までずっと起きています。

それはある二つのもとの闘っていたからです。

 

いないはず蚊

当然ですが毎日蚊帳を張って寝ています。
でないとマラリアに感染する恐れがありますからね。

ただ何故か腕2か所、足の裏1か所に刺された痕跡。部屋の明かりを付け中を確認するも1匹も確認できず。液体ムヒなど日本製の防虫品は複数もってきた方がいいです。

 

任地にもよりますが、大体の地域で蠢くスゴいやつらいっぱいでます。住み始めて備品が揃うまでは大変なので、コンパクトなものでもいいので持ってきたほうがいいです。

 

さて、この虫刺されだけであれば就寝できたと思うのですが、今回はもう一つ睡眠を阻害するものがありました。

 

マダム達の宴

定期的にあるこの宴。叫び声というか赤子の泣き声というか。もう寝ろよと何度口走ったことか。笑

それくらい歌い踊り叫んでます。せめて日中にやって欲しい。結局寝ずに起きてます。

 

耳栓までは要らないと思います。ただ気になる方はもってきた方が安眠のためにはなるかもしれないですね。

本当にうるっさいです。

 

甘味は平和をもたらす

饅頭がいい感じにできた

そんな怒りを鎮めるように、前に作ったあんこを使って饅頭をつくりました。

こちらにも小麦粉,ベーキングパウダーは入手できるのでつくれますよ。

ちょっと生地が弛すぎました。小麦粉も多かったみたい、少し固めの食感になっちゃいました。

生地を寝かせる時間が足りなかったのか。ちょっと原因は不明です。。。味は問題なかったので次はもう少し柔らかく仕上げたいです。

参考までにあんこの作り方を簡単に記載しているので良ければどうぞ。

【限られた食材で常備菜】

 

さらに日本からもってきた緑茶を合わせればもう言うことなしです。

大学時代はストレスがたまると昼夜問わずお菓子をつくるという変な癖があります。甘味を欲しているのと、作っているうちに落ち着くという効果が見込めます(※個人差あります、というか個人差しかないです)

 

 

生地が余ったのでお焼き風に

残った生地に少し水を加えて伸ばしてお焼き風にしました。

ちなみに山形ではあじまんって言うんですけど…知ってますか。

こんなやつです。いわゆるローカル食ですが、地元民に人気で高校時代は帰りにみんなで頬張ってました。笑

山形に来たらぜひ一度ご賞味ください。

 

 

そしてその後は

さらに牛乳プリンも食べるという。

痩せすぎだと周りにいわれるのでこれくらい食べても平気、というかマストで食べても太れる自信ありません。笑

バランス良く、正しく体重増減したいですね。

このあともレポートやら報告書を進めながらお茶菓子をつまみます。今日もケニアは平和です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中