歴史あるボストンの市場 クインシーマーケット(Quincy Market) USA,Boston(6)

久々に留学記事の投稿です。
7年前と思うとあっという間だなと。

今年だってもうすぐ1/12が終わるわけで、そりゃ1年も早いし7年もあっという間だよな、などと。

 

活気の溢れるお洒落な空間

前回ご紹介したボストンコモンでのんびり終えたら、そのままクインシーマーケット(Quincy Market)。それくらいここも通っていました。

活気のある市場であり、若い芸者たちがストリートショーを魅せてくれる素敵な場所です。

今回はそんなQuincy Marketをご紹介します。

 

Quincy Marketへのアクセス

地下鉄のBlue-lineに乗って“Aquarium”駅もしくは“Government center”駅で降り、5分くらい歩くと着きます。

【乗り方→チャーリーカードの使い方

“Government center”駅ならGreen-line(路線名)でも行けます。どちらも大きめの街を通る路線なのでそれほど犯罪被害は聞きませんが、十分気を付けて利用するにこしたことはありません。

乗車区間に寄りますがボストン市内であれば2-3$で移動できます。

市内には警察署も多く点在しているので迷ったらお巡りさんに聞くのもアリです。

 

可愛い雑貨や特産品

このマーケットは建設当時のジョサイア・クインシー市長から名前をとってつくられた場所で1826年に完成しました。

3棟の施設からなるこのマーケットはレストランや商業施設,お土産屋など多くのテナントが入っています。

 

ストリートショー

もう一つの楽しみがこのマーケットの至る所で繰り広げられるストリートショーです。

ポリバケツをひっくり返してスティックで演奏する若者や、アクロバティックなアクションで魅了する若者がいっぱいです。

 

いま思い返してみると、自ら集客し稼いでいたのはすごい能力だなと感心します。

人を集客する術を研究していたんだろうなあ、などと。

子供受けしそうなキャラクターネタ➟アクロバティック➟観客を巻き込んだアクロバティック、みたいな構成でした。思わず何度も足を止めて見てました。(※スリには注意です)

たぶん何度も場数を積んで見出したやり方なんだと思います。チップと言う文化が根付いているからできることではある。日本でやったところで中々相手にされないですもんね。

 

歩いてるだけで心が落ち着きます。活気があるけど落ち着くという不思議な空間。

またボストンコモンと同じくデモ活動がここでも行われます。近年過激化していると聞くので少し心配ですが、それだけ現政権への怒りの表れとも取れます。

一度生で見るとすごい迫力です。

 

景色を眺めるだけでも満足

クリスマスシーズンが近づくとイルミネーションが綺麗です。どこかしこで音楽や芸がクリスマス仕様に変わります。

ショッピング、アトラクション、レストランやファストフード店、展示場など盛りだくさんのこのエリア。

老若男女みな楽しめるスポットだと思いますのでぜひぜひ。

#アメリカ #青年海外協力隊 #ブログ #コミュニティ開発 #山形男子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中