タンザニア組出国

先ほどタンザニア出国組が成田空港を無事に出発。
訓練期間中ともにスワヒリ語を学んできたメンバーです。

総勢14名の大所帯。
リーダーの蒲原美波さんは看護師隊員。

しっかり者で誠実です。

訓練中は生活班、語学クラスともに一緒。
さらに部屋がすぐ隣。

これは縁を感じる。笑

 

せっかくの機会なのでタンザニア連合共和国について少しご紹介しますね。

国土は日本の約2.5倍ですが、人口は6,000万人弱日本の約1/2です。

言語は主に英語スワヒリ語ですが、現地語もかなりたくさんあります。

それとアフリカには多くの部族が存在しています。
キクユ族,ルヒヤ族,カレンジン族,ルオ族…聞いたことありますか?笑
ケニアだとマサイマラに住むマサイ族が有名ですね。

宗教はキリスト教イスラム教土着宗教がそれぞれ2:2:1くらいの割合を占めています。

幸いケニアからタンザニアへの旅行はJICA事務所から今のところ許可が下りているので、
任地での生活が落ち着いて来たらお休み使って遊びに行こう。
(※ただこの辺りも受け入れ先によってお休みがもらえるか否か、色々問題があるらしいです。笑)

6日後の今頃は自分がここにいると思うと心躍ります。
早くケニアの空気を感じたいなとお見送りしながら感じたところです。

ちなみに残っている国は残りミャンマー、ケニア、フィリピンのみ。
出国まで残り6日。早く行きたい。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中