ナイロビ市内を巡る

ケニアで生活するこの2年間、できる限り過大な表現は避けて、
自分が感じ目にした情報を文字に起こしていこうと決めている。

それでもなおこのように表現せざるを得ない。
ナイロビ市内の治安はかなり悪い。

   

 

写真はタクシー車内からひっそり撮影。

基本的に市内の移動はタクシーのみ。
歩いているだけでスリや犯罪に巻き込まれるリスクが高まる為。

まして僕らアジア人は一瞬でターゲットになってしまう。
特に近年は中国資本の流入を発端に、ナイロビ市内の仕事が取って代わってしまったり、
単純に中国人はお金を持っているという印象が強まってしまったことが原因。

なので地方の方がナイロビ市内よりは安全と調整員から聞いている。
再来週の事前任地訪問で少し現状を垣間見えればいいな。

 

ちなみにここがナイロビ市内の長距離バスチケット売り場。

長距離移動のバスはチケット前払い。
ほぼ定刻通りに出発するので割と日本に近い感覚です。

一方マタツと呼ばれる乗り物(ミニバス)は、
他のアフリカ諸国同様、定員が満席にならないと出発しません。
よって時間には余裕をもって行動しないと何時間も待たされることになります。

今日は日曜日。
ドミトリー内は平和です。

ケニア生活も6日目。

ゆっくりしたい気持ちもあるけれど、
来週に向けて用意しなければならない書類が盛りだくさん。

今日は1日寮内に引きこもります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中