ニューヨークを巡り歩いてみた

ニューヨークを巡り歩いてみた

 

「ああ、あの有名なアレか!見たことある!」

 

そんなことを何度も口走っていたことを思い出しました。

見るもの全部が新鮮で、当時20歳だった僕にとって全てが刺激的でした。

今回はそんなニューヨークでの道中をご紹介したいと思います。

 

 

高速バスで向かう ボストンからニューヨークへ

まずはボストンからニューヨークへ向かいます。

いつも御用達のRedline路線の終着駅からバスターミナルに移動しいざ乗車。

Lucky starだと確か往復30$くらいでした。

片道4時間でボストンからニューヨークまで行けます。

早朝に出発。

 

 

ランチは大衆食堂でサンドイッチ

だいたいお昼前くらいに到着です。

バスを降りると少し小汚い光景が目に入ったり、悪臭が立ち込めたりします。

都会らしいというか、当然というか。

そういった所も含めて忘れられない経験です。

 

降りると事前にガイドブックで調べておいた老舗料理店へ向かいます。

サンドイッチで有名なお店で著名人も数多く訪れると有名な場所。

“KATZ’S DELICATESSEN”というお店です。

店内はご覧のように大盛況。

歩きながら空席を探しているとここに座んなよと気さくに声をかけてくれる人も。

多少警戒は必要ですが、過度な警戒も悪害です。

 

相席で看板メニューをオーダーしました。

こちらがお店人気のローストビーフサンド(18$)

中にはぎっしりお肉が詰まってます
バンズより断然量が多いですね。

付け合わせのピクルスもこれまた美味しい。

食事を済ませたらいよいよ探索開始です。

 

 

NY 42th street, 7th avenueといえば…

ニューヨークは区画が数字で整備されています。

「●●通り」というよりは「●●番通り」と称されるのです。

“五番街”なんてお店も日本にいる頃よく見かけますが、ニューヨークの一等地のその煌びやかさからとった名称かもしれません。

そして42th streetといえばある有名スポットを指しているのですが、なにかご存知でしょうか。

こちらです。

タイムズスクエア(Times square)

ブロードウェイミュージカルの会場や大型ショッピングモール、広告等など。

日本で近い場所といえばやはり渋谷のスクランブル交差点でしょうか。

多くの人が行き交い、路上ではアーティストやコメディアンが一芸を披露し、昼間からカジノや劇場への客引きがごった返す。

そんなどこか混沌とした雰囲気が忘れられません。

タイムズスクエアには商業施設や劇場が数多く点在しています。

アンティークを扱うお店もあちこちにあるので、ここもゆっくり見て回れると思います。

 

一度やってみたかったのですこういうやつ。ニューヨークでスタバのコーヒー。

とってもミーハーですね。
※7年前です。笑

 

 

NY憩いの場 セントラルパーク

人であふれるタイムズスクエアに少し疲弊した足で向かったのはNY中心部に位置する大きな公園。

NY憩いの場であるセントラルパークです。

全長4キロに及ぶこの公園。
ここもまた色々な楽しみ方ができます。

ホットスナックを買って公園で食べながらのんびりするもよし。

ユニフォームを身にまとった方々がランニングする姿もよく見かけます。

隣接されている博物館でアート作品を眺めて鑑賞するのもいいですね。

僕は公園内を巡回しながらその風景をこうして写真に収めていました。

 

こう、一歩引いて俯瞰的にその時間を楽しむのが僕は好きなのかもしれません。

もちろん一緒になって盛り上がるのも好きです。

 

 

キングコングがお出迎え Empirestate Building

そうこうしていると夕方に。
あっという間に時間は過ぎるものです。

観光の最終地点はあの有名な2代巨塔のひとつ。

Empirestate Buildingへ。

ゴリラじゃありませんよ、キングコングです。※といいつつ映画を見ていない僕は最初ゴリラだと思いました。笑

この記事を書くにあたり情報を収集しながら書いているのですが、びっくりしたのはこれ観光建築物かと思ったら、オフィスビルなんだそうです。

103階あるうち76階までは会社が入っているそうな。

上からの景色を毎日みてたら有難味や感動も薄れるでしょうね。

展望台からの夜景は絶景です。

南東には自由の女神、北側にはタイムズスクエアとセントラルパークが映ります。

なんだかこんなに煌びやかな街があるんだなあと感じたことを思い出しました。

 

当時まだ山形、青森、ちょこっと東京しか経験したことのない僕はとても感動しました。

同時に高さ440m地点での夜風は身体に染みました。笑

とても寒かったこともよく覚えています。

 

 

観光するには1日じゃ全然足りない

あっという間に1日終了。
次の日は授業があったので日帰りツアーです。

結局この後も数回訪れることになったNY。
次回はその2回目のNY巡りをお送りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中