ファシリテーション能力を伸ばす為に

Mmelala na umeshinda je leo?
Nimechoka sana na ninausingizi kidogo…
Nijaribu Kiswahili kila siku sana.

こんばんは。簡単な文章は作れるようになりました。

さて今日は先日のワークショップ及びファシリテーターの失敗について。

実は同じ職種メンバーも私と同じように凹んでいたらしく、メンバー再集結。

各班の状況や模擬ワークショップをその場で開き、再度議論を進めました。

以下のような内容で進めました。

1. ある隊員の派遣国要請を全体で共有し、現状分析、課題分析、対策考案まで進める

2. 五人ひとグループでファシリテーター一人、参加者四人で実施。

3. 各分析を8分で行い、内容を発表する(口頭)

共有した中で見つかった課題は以下の通りです。
――――――――――――――――
・赴任地に関する情報量が少ない

・グルーピングの能力不足

・赴任地在住者と派遣者の要求認識のギャップを埋め方法

・本WSの到達点をどこに設定するか

・議論する時間が足りない
――――――――――――――――

今後も不定期でWSを行うようですが、自分で調べ準備しシュミレーションすることは一人でもできるので、来週辺りから始めようと思います。

加えて中間試験が8月上旬に控えているので、語学学習との兼合いも図りながら進めていきます。

Jitahidini na ninashukuru~~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中