上手な求婚の断り方 twitterで意見を募集した結果

上手な求婚の断り方 twitterで意見を募集した結果

 

ここ数日農村地域に足を運んでいるわけですが、少し困ったことが起きています。

女性陣に求婚され、電話番号を求められる事態が発生しているのです。

 

いま結婚もしていませんし、彼女もいません。見方によっては願ってもないチャンスかもしれませんが。笑

 

ただ僕はケニアで相手を作るつもりもありませんし、結婚する予定もありません。

しかし女性陣は食い気味で歩み寄ってくる。。。

 

なにかいい方法は無いかとSNSで公募したところ、多くのご意見を頂けました。

今回はその実践と結果報告をお話ししたいと思います。

 

 

きっかけは農村地域での活動

今週は農村地域へ肥料と種の配布活動を行っております。

どの地域も訪れるのは今回が初めてです。

農家の数がかなり多いですね。

この場所で肥料配布を行うわけですが、体力が続くわけでもなく。

日陰に腰掛け休憩しながら作業を進めておりました。

 

すると女性陣が声をかけてくるのです。

それも集団、3~6人でクスクス笑いながら寄ってくるのです。

何かと思い構えているとこんな話が始まりました。

 

 

“私と結婚して” “電話番号教えて”の応酬

Habari,how are you.

こうした挨拶を済ませると二言目には
“Do you have wife? we shall get marriaged”

結婚しましょうというご提案です。

僕「いまは奥さんは欲しくない」

女性陣「じゃあ彼女ならいいじゃない」

僕「仕事もあるし、やりたいことがいっぱいあるから無理だ」

女性陣「いいえ、大丈夫よ、一人選んで頂戴」

 

なにも大丈夫ではないのだけれど、ぐいぐい攻めてくる女性陣。

彼女たちの全く根拠のない推し、これをぜひ皆さんに伝えたい。

言葉で表現しきれないのが悔やまれますが、とにかく関係を築こうとしてくるのです。

 

僕は口下手なので真に受けて捌ききれず、番号を教えることもしばしば。

なにかいい方法はないかと思い、本気半分でSNSで発信すると各国在住者から声が。

 

 

多数の声がtwitterより届く

心優しい皆さまから対応策や実践していることの便りが届きます。

いくつかご紹介します。

 

日替わりの相手がいる設定

指輪してみる

相手がいるんだ設定

これらを使いながら実践してみました。

 

 

いざ実践

まずは声をかけられるかです。

配布前に会場をうろうろしているとかかりました。かかったというのか、かけられたというのか。笑

 

手始めに”奥さんがいる設定”で断ってみました。

女性陣「あなた結婚してるの?」

僕「いるよ」

女性陣「子どもは何人?」

僕「3人だね」(とっさに応える)

女性陣「え?ダメよそんなの、足りないわ」

僕「や、そんなことない…」

女性陣「いいえ足りないわよ!さあ一人選んで、一人くらい平気よ」

僕「……」

【 実践結果 】

全く歯が立たず。

その後は彼女たちのペースに。

根拠も動機付けもないけど、結婚しましょう。なかなかタフな交渉術です。

 

 

誠意を込めて断っていこう

ひょっとしたら今後素敵な人が現れるかもしれない。
その可能性は否定できません。

ただ今のところやりたいことも、その相手をここで探す予定もないので、断り続けます。

誠意を込めて断り続けること、そして指輪を買ってつけること。
これを残りのケニア生活で続けていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中