働きすぎた1日

今日も朝から住環境を整える。

まずはベット。
ブランケットやシーツを扱っているお店を近くでようやく見つけ購入。シーツ(100KSH=約120円)、ブランケット(220KSH=約240円)

少しずつだが着実に住める環境になっている。

続いて蚊帳。
これが少し問題だった。

部屋の四面は完全にコンクリート。
釘打とうとすると壁が崩れ始める。

 

高さ2メートル近い蚊帳をどう吊し上げるか。とりあえず思いつくままアイデアを出す。

プラン1:天井にドリルで穴を開ける

プラン2:ベット枠の四方に高さのある木材を打ち付け、その上に被せる

プラン3:窓枠の突起部とブレーカーの僅かな穴の両端にロープを通しそこに吊るす

一つずつ検証してみた。

プラン1:一ヶ所空けるとそこから周りが崩壊する可能性がある

プラン2:丁度いい高さの木材が売ってない。職人に聞いてみると一本300円くらいで売ってくれるらしいが、4本だと1,200円にもなる。

プラン3:これが一番現実的。紐もあるし部屋を現状維持しながら進められる。

プラン3を決行。

紐が無事に通ったまでは良かった。

蚊帳をいざ掛けた時だった。

ブレーカー埋め込み部分が一瞬飛び出てきた。
以前も書いたけれど、この物件は新築。

まだ1ヶ月も経っていない新築。
そんなにすぐ崩れるのここ?笑

毎日蚊帳を開け閉めしていたらそのうち埋め込み部分が飛び出ると判断。笑

 

振り出しに戻る。

日差し照る部屋の気温は上昇し、Tシャツで作業しようとスーツケースを開けたときだった。

すっかり忘れていた。日本から持ってきたテント蚊帳。独立式なのでどんなシチュエーションでも張れる。

一瞬で解決した。笑

その後調理台テーブル(2,000KSH=約2,400円)もキッチンに搬入。備品もちょいちょい購入。

 

そして気付くと時刻は12時。同時にボスから電話。急にミーティングがあるから顔を出してくれと連絡があったのだ。

彼らの仕事に対する熱意の緩急にはまだついていけそうにない。笑 ともあれ事務所へ。

事務所に到着するといつもと変わらぬ子供たちの姿。ここ数日は床にハマっているらしい。笑

いざ会議。
職員総員7名+鈴木。

議題は今月の活動内容と省庁上層部からの今後の方針の通達共有。

全体の6割くらいしか理解できなかった。議題の進み方や発音に不慣れな部分も問題だったと思うが、それより問題だったのはスワヒリ語と英語と現地語の脳内切り替え。

ケニアは1963年に英国から独立しており公用語は英語。それに加えて国語のスワヒリ語、方言や民族の現地語。これが混在した文章が発せられる。

頭の中がメモリ不足で処理できていないのがすぐにわかった。ミーティング途中で睡魔すら覚えるほどにタフだった。笑

念のためミーティング後にボスにも素直にその旨は伝えておいた。単純に聞き取りが苦手なことと、3言語が混在していてあまり理解できなかったこと。

全然大丈夫、心配ないよと返信してくれたけれど、一つの課題ではある。

そして夕飯。野菜カレー頼んだら完全に野菜炒めらしき食事が出てきた。そしてサーブされた瞬間にいつものように停電。

もう疲れたから食べれれば何でもいい。笑

明日から無事に入居できるのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中