僕のコミュニティ開発戦略

こんにちは。

研修を終えて一晩。
記憶や感覚が新鮮なうちに記事に残そうと思います。

今回は学んだ要点をお伝えしながら、具体例も紹介できればと思います。
できれば今回はコミュニティ開発隊員,地域づくりに興味のある方にぜひ読んで頂きたいです。

 

 

強みを生かした僕のコミュニティ開発戦略

 

この記事ではSHEPアプローチの手法で使えそうな部分をご紹介しつつ、活動するモデルケースを簡易的につくりました。

また組織運営もサポート役で担当しましたので、そこで気付いた点もご紹介します。

 

メンバー集め

どんな活動をするにも一人でできることには限界があります。

一部の人は生産性が高く、一人で活動した方がよい場合もあるうかもしれません。
しかし一般的には各業務を分担し効率よく作業を進めたほうが、生産物は質の良いものになりやすいです。

各人得意な作業と不得意な作業があるので、苦しまないような、できることをやっていきましょう。

 

このメンバーについてもう少し深掘りします。
●●の法則でよく謳われているように、その構成メンバーの数十パーセントはフリーライドになりやすく実質的な活動はしなくなります。

その先の良くない失敗例として、そうした数十パーセントが浸食し、構成メンバーの主体性を低下させてしまい、計画が結果的に頓挫する可能性が高いです。

一度失った熱量や信頼を取り戻すのは難しいですし、こうした点からもメンバー集めはある程度選定したうえで集めるのが懸命かなと。

<参考例>
・NGO,隊員OBOG,大学教授などの関係者に連絡
・各界隈の研修会に参加する
・自身の具体的な考えや現状を説明できるようにしておく

 

 

住民の現状把握

次に情報収集です。メンバーができなくてもここから始めてよいかもしれません。

住民や自身がしかけたいターゲット層の情報分析を行うべく、まずはデータやサンプルを集めます。
僕の場合は商人がどんなものを売っているのか、予実管理はしているか、仕入れと売上割合はどんなものか。
そんなデータを毎日少しずつ集めます。

できればこれは口頭で収集するのがいいかもしれません。
アンケート形式にしてしまうと少し構えてしまう可能性や、あからさまな情報利用の姿勢をみせてしまいかねないからです。
実際に僕は口頭できいた内容を家ですぐにメモとエクセルにまとめています。

調べる対象にも依ると思いますが、30,40件もあれば十分です。
そしてデータがそろったら現状分析をはじめます。

SHEPアプローチでいうところのProblem mapの作成に通じますね。
なにが問題になっていて、その関係者は誰かを書き出し関係を整理します。

 

 

利益を生み出す小規模な活動

ここは完全に僕の私見であり計画です。

SHEPアプローチでも利益を確保するための計画を練りますが、あくまで主体性や自主性の育成に注力しています。
彼ら自身が今後も継続的に活動できるモチベーションをつくり出すためです。

しかし利益を出すという考え方はぶらさない方が良いと感じます。

そう強く感じます。

なぜならお金を獲得するというのは誰もがもつ普遍的な欲求だからです。
意識づけを間違えなければ、他の誘因よりもとても強いモチベーションの維持に繋がるからです。

ただ再度繰り返しますが、目先の利益に注目してしまっては意味が無いので、そうした考え方は軌道修正してあげる必要があります。

 

 

振返りと共有会の設営

素案ができたら行動に移します。
当たり前ですね。

僕の場合は商人の元を訪ねる、その界隈の情報を仕入れる、それに基づき収支の構想をつくり、農家と商人の双方に情報だけ流します。
先述したように無理強いはしません。あくまで情報を流し、彼らの行動意欲を促進するような働きかけ方をし、様子をみるだけです。

そして数日後に反響をきいて回り、最後に情報整理を行います。
できればメンバー同士で共有した方が多面的な気付きがあるのでいいですね。

改善点や気付いた点を共有します。

 

 

放置とフォローアップの繰り返し

あとはこれを繰り返します。
修正点や改善点は都度修正します。

なんだか文字に起こすとつまらない表現ですね。

ただ地味に見える作業こそ後々大きな力になると思います。
僕は凡人らしく平凡に毎日作業しながら、ルアンダライフを楽しみます。

マダガスカルで活動する同期のコミュニティ開発隊員のトミーさん。

なかなか苦労しているようですが今後も連絡取りながらやっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中