利益を把握するうえで大切な3つの要素

おはようございます。

停電生活から解放されました。
鈴木です。

 

昨日に引き続き、今日も農家さんの元へ行ってきます。

情報収集してきます。

 

 


 

 

利益を把握するうえで大切な3つの要素

 

今日はビジネスに関する記事です。

 

僕はこれまで会計事務所と一般企業で経理財務を務めてきました。

そしてその業務内容の多くはルーティンワークです。

CF計算書作成、給与計算、債権債務管理、請求書発行など。

一見するとお金関係全般を処理する仕事というイメージじゃないでしょうか。

 

しかし経理財務として普段から注目しなければいけないのは“利益”です。

なぜなら株式会社や生業において、活動全ての行き着く先は利益だからです。

目標利益を理解せずに活動するのは生産性の非効率化を招きます。早く仕事を終わらせて帰りたいですよね。

 

今回はそんな利益について、大切なポイントをまとめてみました。

 

 

お金の全体像を把握する

お世話になっていた税理士先生が次のようなことをよく仰っていました。

社長さんや営業は”売上”ばかりに目が行きがちですが、本当に把握すべきは”利益”であり、そこを真の意味で理解しないと社会で戦っていけません。

社会人2,3年目の僕は当時そこまで腑に落ちていなかったのですが、多くの会社や人と出会ったいまではその意味がより深く理解できているように感じます。

 

つまり世間一般でいう“使えるお金”というのは“利益”のことあって、多くの人が欲しているお金はこれを指しているからです。

次に利益に関するポイントを3つにまとめてみました。

 

大切なポイント

目的別にお金をカテゴリー分けする

①お金をカテゴリー分けすることが大切です

「出ていくお金」と「入ってくるお金」という具合に分けます。

 

ちなみに会計処理をすると勘定科目というものを使いそれぞれを管理します。

なにか原材料を現金で買ったのであれば【仕入/現金】
取引先から入金があったのであれば【当座預金/売上】
後払いで備品を買ったのであれば【備品/未払金】

というふうに、分かりやすい科目ごとに収益と費用を管理します。

なのではじめに取り組むべきは、「使ったお金が収益なのか費用なのか」を自分が使っているお金で考えてカテゴリー分けすることです。

 

収支のバランスを掌握する

②お金をカテゴリー分けできたらそれを掌握します

言い換えればどれだけのお金が入ってきて、どれだけのお金が出ていっているかを把握するということです。

 

例えば八百屋さんを営んでいるAさん。

その日の売上は20,000円です。

業者から入ってきた仕入原価は3,000円です。

パートを1名雇っており1日あたり8,000円かかります。

事務用品が足りなかったので1,000円分購入します。

さてこの日の利益はいくらでしょう。

このくらいの感覚です。

簡単じゃんと思う方が多いかもしれませんが、そう思えた方はある程度理解できていると考えていいと思います。

売上があって、仕入れがあって、人件費がかかって、雑費があって、残った分が利益です。

 

規模が大きくなればこの作業量が増え、勘定科目が増えるため、煩雑に感じるのです。

 

上の例を式で記載してみるとこれくらいかなと思います。

 

利益=売上-変動費(売上高3割)-固定費(売上高5割)

割合はあくまで目安です。
業種によっても異なります。

 

目標利益から逆算して目標売上を設定する

最後にもうひとつだけ。

③利益を出すときに、目標利益を決めることも大切です

例えば1日で八百屋が1万円の利益を出すことを目標にしましょう。※実務的な税引前純利益と税金と減価償却は考えないこととします

①利益=10,000

②固定費(運送費,人件費,テナント代)=50,000

③変動費(仕入れる野菜,痛んだ野菜などの在庫管理)=30,000

①②③売上=90,000

数値の現実味は別として、算出する流れはこうです。

あまりこうした考え方を理解し、組織で共有できる営業さんはそこまで多くありません。

こうしたアプローチをひとつ身につけると、利益を考える上で楽になります。

 

 

時々経理ネタも書いてみます

こうした知識や考え方も使っていないと忘れてしまいます。実際に計算したり仕事をしていれば自然とできますが。

自身の復習の意味もこめて、たまに経理財務ネタも書いてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中