幸福って主観でいいと思う

更新がしばらく滞っていました。
Habari za usiku.

相変わらず毎日語学を勉強し、加えてちょこっと座学。

特にいまのところ躓くこともなく順調です。

来週の中間試験に向けて少しずつ準備を始めようかなと思ってます。

最近生活する中で、幸せってなんだろうかと考えてました。
授業真面目に受けろと思いつつ。笑

こう、集団生活をする中で、安らぎとか幸せって全然人によって違うなあと、ひしひしと感じてるんです。
ケニアに行けば、同じように赴任地に住む彼らの価値観が溢れているわけで。

自分なりに考えて腑に落ちた答えなんですけど、幸福って比較するもんじゃないなと。

まず前提として自分が幸せだなあと思うことを一番大切にすべき。
当たり前に聞こえるけど、割と見落としがち。

それにその幸せや想いを否定する存在は必ずどこかにいるわけだから、
逐一そんなこと考えてたら時間なくなっちゃうよねと思うんです。笑

自分の人生なんだから、想う幸せを自分で疑ってしまうのはちょっとね。
なので僕も改めて、自分の想う幸せや理想を再認識したうえでこの訓練生活残り40日ちょっとを過ごします。

時々不安になる自分の弱さも良いところなので(自分で言うけど。笑)、
そこも認めながら毎日より楽しみながら出国まで準備進めます。


Ninataka rafiki zangu, na nitaona raha ni yangu tu.

これからフィールドワーク委員会のパワポ作成とスワヒリ課題。

やろーっと。

Mwisho-tu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中