語学訓練生活というか

ここに至るまでを昨日から振返ってみた。

まずは70日間の訓練生活終了!!

本当に候補者のみなさんお疲れさまでした。

歴代隊次の中でもかなり手を煩わせた我々2018-2メンバー。

ただ鈴木も課題提出忘れとかあった。
あとアンケート用紙に改善点と言う名目で不満をつらつら書き出したり。
レポート書いたけど再提出になったり。


samahaniだにゃ…笑

それはそれとして…
協力隊になりたいと考えたのは9年前。
学生ながらに海外や英語に興味を持ったのが発端。
先生もそれを後押しするかのように話をしてくれた。
(※当時はJOCVしか選択肢が浮かびませんでした。笑)

そして大学時代。
バイト代&大学のサポートで得た資金と時間を使って駆け回る。

しかしトントン拍子でことは進まず。
悩みながら、妥協しながら、少しずつ体現し続けてきました。

そうやって具体的に行動し続けていたら、協力してくれる人との関係が育まれた。
拙くとも自分の熱意を伝えられたから、多くのことを教えてくれたと思う。

サンファン日系移住地のジュンペイのママ

ルレナバケの協力隊OGなつみさんも

アマゾンで出会った調整員の五味さんも佐藤さんも懐かしい

他にもお世話になった方々には感謝してもし足りない。

だから自分がそうであったように、理想を描いて挑戦する人をこれからも支えたい。
国内外問わず機会の無い人には学ぶ機会を与えてあげたい。
(批判的な見解ももちろんわかるけれどね)

45日後から走り出せると思うと心躍るなー!

これからの1か月半は都内に頻繁に出没予定。
お世話になった方々との再会、コミュ開関連のイベント参加予定です。
こういう報告を色んな人と共有できたら嬉しい:)
同期隊員とも出国前にまた会いたいなー。

明日は市区町村表敬訪問。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中