怒涛の2週目に突入

ケニアに到着して1週間が経つ。
今日からスワヒリ語の授業が始まった。

朝から我らがリーダーも二本松訓練所から持ってきた活用一覧表も持って準備万端。

ドミトリーから車で走ること20分弱。
Anatolia Edukation Centreという語学学校。

先生方がとてもフレンドリー。
冗談も織り交ぜて話せる雰囲気もありとても良い環境。

二本松訓練所でスワヒリ語を学んできたメンバーは中級クラスからのスタート。
僕も含め4人が中級クラスで3週間学ぶ。

意気揚々と気持ち高ぶる僕たち。
久々のスワヒリ語だったが、話し出してみると割と話せる。

学校側が提供してくれる昼食も美味しい。
気兼ねなく話ができとてもいい気分でいた私たち。

しかしリスニングのテストになったとたん皆意気消沈。

まったく理解できない。

というよりも、担当教員の説明?リスニングの手順が4人とも理解できない。
ディクテイションが始まるも4人とも手が動くどころか、皆顔を合わせるようにキョロキョロする始末。笑

ともあれ無事4時間近くの試験を終えた。
明日から本格的に授業がスタート。

 

来週はプレポスティング。
ついにビヒガカウンティはエムハヤへ。

実際に働く事務所、住まい、マーケットなどの視察に行ってきます。
一時滞在のホテル、事務所関係者とのアポ、往復のチケット、etc…

他にも提出書類が尽きることはなく…。
果たして無事に赴任先へ行けるのか。

引き続き大量の資料作成続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中