思考を止めたら終わりよね

そんな言葉をかけてもらったのは21歳のとき。
南米ボリビア、スクレ県で美観地区を眺めながら友人に言われたインパクトは今でも忘れず。

これ。ティラミス食べながら優雅だった。
標高2,500メートルで苦しかったけど。笑

タイトルのメッセージとしては、

普段から俯瞰的な視点で現在を考察した方がいいんじゃない?

みたいな。

こんなことを思い出したのは今日おでかけ中。
自由時間で雨模様のスナップ写真を撮っていた時のこと。

道の反対側からスピーカーを使った街頭演説。
そこには非核化への向けたNGO団体の署名活動の姿。

普段は何気なく前を通過し足を止めることすらないけれど、
今日は不思議と止めてしまい数分お話を聴いた。

彼らは非核化に向けた法案に関する署名を集めていた。
ただどうも引っかかるワードがいくつも散らばってて、
それを集約した最たる表現が下記の様な趣旨。

「こちらに署名頂ければ非核化への第一歩となるんです」

活動されている方々はお年を召された方が多い様子。
現場で日曜日にも関わらず活動している体力と熱意には頭が上がらない。

ただ話しの内容が少し綺麗ごとに感じた。
そんな簡単に均衡がとれないと、少なからず現場をいままで見て感じてしまっているから。

受け手がどんな感情になるか?
自分たちの活動は上手い具合に届けられているか?

そんな確認を適宜しないとどこかで思い込みが生じて、
できている感覚に陥ってしまいかねないかなって。


そして今度は自分の番。
これ任国行ったら似たようなことを住民に俺するんだよなあと。

文化や慣習的なものであれば外部要因で片付けていいけれど、
ある種の思い込み系の問題であれば解決すべき。

結城先生も仰ってたけれど、コミュニティ開発にセオリーなんてない。
万能手法なんてないから、現場行ってみて考えろ。
それに尽きるらしい。笑

訓練生活は残り2日。
出国前にまた色んな方と再会する予定。
都度、疑問や思いを共有しながら出国まで準備しよう。

それと最近周りの方や同じ訓練生の方も本ブログを読んでくださっているようです。
ありがとうございます。
ただ綴りたい内容が無い日は更新しないのでご安心ください。
時間をかけて毎日なにか絞り出して書いてるわけでなく、
感じたことや記録しておきたいことを自由に書いているだけなので。笑

Lala salama.

2 件のコメント

  • よしっ追いついた!雅仁のブログ全部読んだよ!
    JICAの研修は、大変そうだけど楽しそうだね
    ブログみたいにこうやって何かを続けるっていうのは、
    大変なことだよね!すごいね!
    秋募集受けてみたいなあ

    • 和也お久しぶり。
      ブログ読んでくれてありがとう。
      しかも全部読んでくれたなんて…嬉しい。

      言うは易く行うは難しだね。
      でもこうして記録することで整理できるから、
      普段の仕事でも単純作業でとどめずこれができたらいいんだけどね。

      応募するならぜひ声かけて。
      もちろん応援するよ!!ケニア編も楽しみにしてて!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中