恩師と再会

 

君らはこれからどんな未来をも描けます。
パティシエ,俳優,サッカー選手,キャバ嬢,映画監督,どんな職業だって構いません。
君らを待っている人が必ずいるからです。
好奇心を忘れず躍進してください。

高校の恩師が卒業式で送ってくれた言葉です。

毎年一度はお会いしている堀文仁先生。

ほぼ毎日発するおやじギャクに対して女性陣はほぼ苦笑いでした。笑
それも先生のクラスの雰囲気の作り方の一つ。

社会人1,2年目は特にお世話になりました。
卒業してなおこうして関係を続けていられることに感謝。

帰国後に母校におられるかわかりませんが、
また美味しいお酒を一緒に飲める日を楽しみにしています。

 

時をさかのぼること16時間。
温帯低気圧も去り山形県にも青空が。

例の友人の畑にて、山形内陸は村山市。

朝起きるとお父さんが秘伝豆を採るというのでご一緒に。
秘伝豆は山形県村山市の枝豆の種類の一つ。

こんなにたくさん頂きました。
こうしたお話しを聞かせて下さる方がいる有り難さをしみじみと感じる。

出国前にまたお会いできるかな。
ご一緒できる機会があればぜひ飲みたい。

出国まで20日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中