新記録更新 7時間遅れのワークショップ

こんにちは。

もう3月ですね。ほんとうに時間が過ぎるのは早い。年度末でなにかと忙しいと思いますが、体調第一でやっていきましょ。

 

 

新記録更新 7時間遅れの県議会

 

さて昨日は県全体の会合、ワークショップの日です。

県知事など有名人もいらっしゃるとのことで皆準備に大忙し。

 

しかし県全体という規模であってもハプニングが起きるのがケニア。

なかなか見ることのできない光景を目にすることができました。

今回はその当日の模様をご紹介します。

 

飲み物を調達し出発

今日はビヒガカウンティ(県)の会合とあって、同僚は大変気が引き締まってます。

まずは7:00amに事務所を出発。

今回は途中で参加者に配布する飲み物を積み込むため軽トラで移動。

荷台に乗って走るなんて幼稚園生のとき以来でとっても新鮮だった。

さてコカ・コーラの取扱店へ到着。

こちらの方々はソーダ、ミルクティー、水、この3つが主流。今回の会合でもソーダと水をケースで積み込む。

ちなみにバイクで運送するお兄ちゃんはこんな感じ。

この僅かに残されたスペースに腰を下ろし走行するわけですが、言わずもがな危険。

路上に破片が散っている場合はそういうことだと察しましょう。

 

 

当然のように遅刻確定

会場であるルアンダサブカウンティにあるルアンダ農業事務所に到着。

到着したのが7:50amだったのだが、タイムスケジュールをみて驚く。

【Opening … 8:00am 】

つまりあと10分で始まるということだ。

そう思い周りを見渡す。

・参加者の農家が数十人(数百席ほど空席)
・県議会関係者数名(約五十席ほど空席)

圧倒的に参加者が足りていない。

もう一度時間を確認する

Opening … 8:00am

 

ああ、なるほど、などと感じた。

 

“耐える”とか”遅い”という表現では足りないほど待った

遅刻することはよくあることだ。

いまさら驚くことはない。

日常であるように重役たちがやってくるのを待つ。※ちなみにこうした時間ができたときはいつもkindleで本を読んでいる

 

9:00am
まあ当然まだ来ないよな10:00am
ちょっと散歩してくる11:00am
そろそろ来てくれると嬉しい12:30pm
一旦ランチ食べてこよう

1:30pm
そろそろ来てくれ

2:30pm
ここでようやく会場に動きがあった

どうやら重役たちが3:00過ぎに来ると電話があったらしい。

さてあと30分待てばいいのかと僕が思っていると、突然参加者の農家数名がステージ前へ。

動機はよく分からなかったが、歌い踊り出した。

いや、とても楽しそうに歌い踊り、農家達もとても盛り上がっていたのでよかったのだけれど…。

こう、必然性とか流れとか、そういうのを全く感じることができずに混乱したのは僕だけじゃ無いはず。

 

 

7時間半遅れをどう捲るか

ようやく県知事、副県知事、その他偉い人々が到着。

会場は一気に歓声に包まれる。

 

ここケニア共和国には42の部族が存在しており、各部族支持している政党がある。

正確には自分と同じ部族の候補者を支援する、と説明した方がいいかもしれない。

自分たちの代表である県知事、彼に対する熱狂ぶりは凄まじいものがある。

そのためよく選挙戦前になると暴動騒ぎも多くなり、国全体として警戒態勢になる。

 

さて、彼らが到着したのが3:20pm。
予定よりも約7時間半の遅刻

これでも待っていられるのはそうした想いがあるからこそなのか…。

いずれにしても大幅な時間のロス。

 

 

どうなるかと様子を見ているとあることに気付いた。

タイムスケジュールが大幅に削られている。笑

イメージしやすい学校の卒業式で言えばこれくらいカットされていた。

-変更前-

1.開会のあいさつ
2.校長の挨拶
3.来賓の紹介
4.卒業証書授与
5.送辞
6.答辞
7.合唱
8.閉会の挨拶

-変更後-
1.開会のあいさつ
2.校長の挨拶
3.卒業証書授与(代表3名)
4.閉会の挨拶

帳尻合わせという言葉がぴったりだった。笑

 

しかし良い写真も撮れたのでよかった。

とかくして無理やり閉会させたのであった。

大乱闘のカレンダー争奪戦

式終了後にさらに事件が起こった。

急に農家達が声を上げながら群がりなにかを奪い合っているのだ。

気になり近付きながらその様子を伺うと、それが何かわかった。
中心にあったのは今年のカレンダーであった。

その知事が載っている、いわば県知事カレンダーだ。

それをみんな欲しがり奪い合っていた。

そしてその理由は明瞭だった。

カレンダーが約30部しかなかったのだ。
明らかに足りておらず、みんな引っ張り合うため何部かは破れ捨てられていた。

もっと多めに擦ってくるとか、抽選にするとか、なにか事前に対応を取るべきだと僕は思う。

 

みんなでシェアできないものであればなおさらそうだ。

なんだか醜いというか、こうあるべきじゃないよなあ、などと感じてしまった。

 

 

そういえば飲み物は?

朝に買ってきた飲みのはそういえばどうなったのだろうか。

僕『そういえば朝買ってきた飲み物はどうしたの?』

ボス『思った以上に長くて待ってたから、近くにいた人達で飲んだよ、知事が遅れたのが悪い』

つまり重役たちのために買っておいた飲み物は、自分たちや農家に配って飲んだらしい。

飲めなかったことは別に気にしないんだけれど、なんだかあれもこれも予定通りにいかないなと。

そう改めて感じだ1日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中