本日も平和な事務所

おはようございます。

最近外での活動が多かった我が事務所。
久々にオフィスワークかと思いきや、業者が訪問し作業が手つかずに。

今回はそんな我が事務所の様子をお届け。

 

久々のオフィスワーク

しばらく事務所に行かない日々が続いていた。
ナイロビでの生活、先輩隊員の任地訪問など。

先週は出勤したもののほとんどフィールドワーク。

そのためオフィスに駐在して仕事をするのは久々だった。
いつものように来訪者を待っていると…

 

メガネ業者訪問

突然業者がやってきた。
男性1名、女性1名。

同僚に挨拶すると持参した鞄からメガネ、レンズ、そして視力検査で使うあのアレが出てきた。

どうやら事前に依頼していたようだ。
かくして突然ではあるが視力検査&メガネの物品が始まった。

まずは現在の視力を把握するための検査。
日本と違いアルファベットを読ませるようだ。

よくメディアで●●部族は視力がスゴイと報道していることが過去にあったが、決して全員がそうではないことを強調しておきたい。

同僚の多くは中盤で躓いていたので1.0前後くらいだと推測。

その後自分の視力に合ったメガネを選び始める。
しかし同僚の多くは度数よりもデザインで決めたがる。
想像以上に盛り上がり仕事そっちのけでみんな選ぶ。

気持ちは分からなくはない。

しかしフレームとレンズがくっついている以上それは無理だ。こういう真新しいものはやはり国が違えど盛り上がるんだなあとも。

結局2時間近くこの作業が続き、気づけば13時を回っていた。

 

大型重機の搬入

ランチを手短に済ませ午後の業務へ。
業務と言っても来訪者を待っているだけなのだが。

すると外から大きな重機の稼働音が。

なんだこれは。

あれだった。
コンクリートを固めるやつである。

どうやら近々未舗装の土道路をコンクリートで固めるらしい。
こうした光景を目にすると、グッとくる。

インフラがこうして着実に整っているんだなあと。


きっとすぐに穴だらけになるのだろうとも思っているのだが。

 

永遠の休暇

気付けば15時。
残り1時間半で業務終了。

ふと同僚がうつぶせに倒れ寝始めた。
数分するとむくっと起き上がり話しかけてくる。

 

「疲れたしお腹も空いたね」

「できることなら休みたいよね」

「あ、でも鈴木、よく見て」

「このカレンダー去年のまま止まってる」

「これじゃ今年のスケジュール分からないね」

この辺の価値観はケニアにおける部族や地域によって異なる。勤勉な人柄もあれば、のんびりなところもある。

ともあれ働きたくないんだな、ということは大変良くわかった。

 

平和だなと

きっと数年先も我が配属先事務所はこうなんだろうな、などと。
ポレポレ(ゆっくり)進んでいくんだろうなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中