“知らない”という経験は人生を豊かにするきっかけになる

おはようございます。

 

今日も昨日に引き続き農家の元へ行ってきます。

連日新しい村を訪れているので、地域に密着した気づきや情報は少ないのが最近の課題です。

 

そう言いつつ普遍的な情報も大切なので、できる限り収集してきます。

 

 

今回はコラム風に書いてみました。
相変わらず雑記ですがよければご覧ください。

 


“知らない”という経験は人生を豊かにするきっかけになる

 

コンマ何秒で情報が手に入る現代

“ググる”

“google先生”

Google検索エンジンで調べることを表す造語だ。

 

僕らはいま膨大な情報社会のなかで生きている。

 

分からないことがあれば手にするスマホを取り出す。

キーワードを入力し虫眼鏡マークの画面をタッチする。

 

たった数秒で分からない情報をてにいれることができる。

 

そんな社会のなかで現在僕らは生きている。

 

一方でその情報の多くは僕らの経験として蓄積されることはなく、きっかけにすぎない。

言い換えれば、自身の五感で感じ学び得たものでなければ、あまり意味が無いということである。

 

 

五感で感じる経験

人の思考回路というのは不便にできている。

めんどくさいことはしたがらないし、できる限り楽な選択をするものだ。

 

ベットに寝転がりながらテレビのリモコンとスナックと雑誌を全部手の届く位置に置く。

そんな光景は誰もが一度は見たことがあるだろう。

 

そうした楽な選択をしたがる一方で、描く理想や夢は”なんとなく”もっている。

矛盾しているが、たぶんそういう生き物なんだろう。

『●●になりたい』

『▲▲を達成したい』

『◆◆を勉強したい』

自分の夢や目標を持つことは悪いことだと思わない。

ただそれが”自身の経験”に基づく目標であるか否か、ここははっきりさせた方がいい。

五感で感じる経験をしていないと、あってないような目標になりかねないからだ。

 

 

本物に出会うことの影響力

先日友人から連絡があった。

彼は20代前半でフリーのカメラマンをやっている。

僕が都内でアルバイトをやっている頃に知り合った。

礼儀正しくもお茶目な一面をもち、哲学をもつ人だ。

 

そんな彼が20歳のときに活動したデータを送ってくれた。

農家さんの元を訪ねたエッセイと写真を見せてくれたのだ。

 

『日本を見つめたかった。日本に触れたかった。日本を知りたかった。』

こう始まった彼のエッセイはまさに五感で感じる経験そのものだった。

農家との会話、待っているときの心情、撮影しているときの表情。

そこから考察する社会問題や現状の分析。

 

 

画面越しではなく、言葉や絵だけでなく、実際に本物を感じたのだ。

この経験は自分自身と向き合う時間とその材料をもたらす大切なものになる。

そしてそのきっかけになるのが、好奇心や興味に基づく行動なのだ。

 

余談だが、彼が記した最後のあとがきを読んで僕は涙が止まらなくなった。

なぜなら現在社会で自身の哲学をもち、自分の意志で生き抜いている人はそう多くない。

彼の生き様をとても美しく感じ、同時にその辛さや難しさも考察できたからだ。

 

もちろんそうでない生き方が悪いということは全くない。

悩み考えながら生きるのもまた難しく、その多くはどこかの過程で見つかるものだからだ。

 

 

人生は学ぶことで日々豊かになるものである

自分の意思で経験したこと、その積み重ねは絶対に消えることは無い。

もしも無くすとすれば、それは同時に自分というアイデンティも無くしているだろう。

自分がこれまで築いてきた経験とその哲学を否定するということは、ほぼイコール人生を否定することになる。

そうなってしまうと自分を支えるものが無くなる。

生き甲斐や価値観がわからなくなり、何も残らない自分になってしまう。

 

 

僕らは基本的に分からないことの方が圧倒的に多い。

SNSの発達で新しい情報や価値観が増え続けている。

そもそも知らないことを全部知るというのは現実的に不可能だ。

 

 

そんな中でも少しずつ分かることが増え、価値観が生まれ、教養となる。

そのきっかけになるのは本人がもつ好奇心や興味の強さに比例する。

何も知らないという状態からどんな風に学ぶのか。

 

僕は自分の足で歩み、見て、聞いて、感じることが大切だと思う。

 

そうすれば僕らは人生をいまよりももっと充実させることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中