農家への肥料と種の配布が始まる

おはようございます。

今週はずっと肉体労働です。
農村地域への肥料と種の配布を行います。

すでに2日で疲弊しているポンコツ。

もう少し頑張ります。

 

農家への肥料と種の配布開始

 

というわけで今回は農村地域での活動をご紹介します。

 

 

トラックへの積み込み作業

まず7時半に集合します。
(※同僚は8時半頃にぼちぼち出勤します)

倉庫にある肥料を大型トラックに積み込みます。

一袋10kgの肥料×5個を方に乗せ運んでいくバイトのお兄ちゃんたち。

どうやら骨格が僕ら日本人とは違うようですね。

汗はかいていましたが、運ぶペースは落ちることなく淡々と運んでいきます。

それらを綺麗に並べ、運ぶ個数を確認します。

軽々投げながら作業を進めていますが結構重いです。単純に僕の筋力不足も懸念されますが。

 

積み込みが終わると出発です。

未舗装の土道に揺られながら走ること30分。West bunyore(ブニョレ)と呼ばれる地域へ到着です。

 

 

配布方法の手順と方法

到着すると既に大勢の農家達が待っていました。

さて早速配布を始めます。

配布方法はこうです。

事前に僕ら(農業事務所)でグループ分けしておきました。そのリストを基に、各農家の名前を呼びます。

荷台の前に一列に並んでもらい、人員が確認できたら荷台から肥料と種を下ろします。

グループ毎に受け取る種の種類が違うので、誤った種を渡さないように確認するのです。

受け取ったらグループ毎に写真を撮影し、受領証拠としてこちらで保管します。

これを全員に対して行うわけです。

気が滅入りそうです。

 

 

肉体労働開始 孤軍奮闘する鈴木

トラックの荷台に乗り込み準備を整える鈴木。腕まくりまでしてやる気満々です。

しかしここで驚きの事態が発覚。

 

受け渡し作業は鈴木単独

 

どういう目論見で人員を配置したのかボスを疑いました。比較するまでもなくひ弱な僕を起用したのでしょうか。。。

 

ともあれできるところまで動くことを決意。

 

 

孤軍奮闘します。

活動すること4時間。
お昼はもちろん水すら飲まず。

 

ここで限界を感じ選手交代してもらいます。

屈強なお兄ちゃん数人を駆り出しバトンタッチです。

 

 

ランチ 水分と炭水化物を補給

満身創痍で向かった先は小売店です。

コカコーラとポテトという生活習慣病を助長させるコンビを頂きます。

コーラは450mlで50円、ポテトは写真の量で20円です。

 

5分足らずで平らげた両品目。肉体労働に糖分と油分はとても染みることがわかりました。

ここでふとあることに気付きます。

写真右側にみえる小売店、この一帯でこの一店舗しかないのです。

奥には農業事務所がありますし、こうしたイベント事があるときには多く利用される場所。

完全に独占市場です。

これば儲けるだろうなー、などと。

 

 

なにやらトラブル発生

お腹も気持ちも満たされたところで最後の仕上げです。

農家達の数も少なくなり視覚的にもだいぶ楽になります。

ところが作業を再開すると、何やら奥の方で小競り合いが起きました。

グループの肥料を他のグループに盗られたというです。

既に受け取った農家から帰宅しており、そこまでのフォローアップはしていませんでした。

今回は余分に持ってきた分があったのでそれを配布し解決させました。

 

真偽のほどは不明ですが、平等に分けているものを私利私欲で奪うというのは頂けません。

本日の分からまた注意しながら配布しようと思います。

 

 

なんとか受け渡し完了

こうして何とか配布作業完了しました。

帰りの車中では爆睡。

帰宅後は流れるようにシャワー、ご飯、就寝となりました。

 

ちなみに現在筋肉痛のようなものを発症しています。痛いというかだるいといった方がいいかもしれません。

いずれにしても体力不足が露呈しました。

本日も写真撮影も欠かさずに、肉体労働やってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中