自分の特徴を言葉にしてみる

おはようございます。

実は現在エチオピア旅行中でして、本日が最終日です。戻り次第その様子をお届け使用と思います。

今日はPCが手元にないので手短に書いてみました。

さて、突然だが僕の周りには素敵な友人がたくさんいる。

中学、高校、大学、働き出してからの友人。
そこで出会った数人と今でも繋がりが続き、ケニアにいてもなお連絡を取っている。

とても幸せなことだけれど、時々幸せ過ぎて胸がいっぱいになることもある。
贅沢だなあと感じる話や経験を享受させてもらっているのだ。

ふとさっき自分でどうしてこの状態が生まれたのか考えた。
言い換えれば、自分にどんな魅力があり、今も関係が続いているのかとも言えるかもしれない。

もちろん答えは一人ひとり違う。
しかし一人ひとりがこれを考えることは大事なことである。

なぜなら自分が何かに躓き、迷ったとき、それが指標となるからだ。
自分の個性や歩みがどうであったか見失うと、前進も後退もできなくなる。

当たり前だと思っている現在は、なぜ生まれたのか、そしてなぜ続いているのか。

休みの日の午前中。
数十分で構わない。

こうした時間を作ってみるといい。
書き出さなくてもいいし、振返るだけでもいい。


ちなみに僕の場合はこうだ。

素直で新しいことへの抵抗感が少ない性格なので、結果として多くの人に出会えている。

これは自称ではなく、友人たちの意見も参考にしたものである。

ケニアでの一人暮らしが始まって1ヵ月が経過した頃。

友人たちに連絡をした。
そして僕の特徴を3つ挙げてもらったのだ。

フットワークが軽い、意志が強い、優しい、料理が上手、人の話を目を見て聞く、ムードメーカー、思慮深い、意志が強い、好奇心、夢、社交的、怖いもの知らず、、、

こうしたワードを組み合わせた結果である。

再度繰り返しになるが、こうした自分と向き合う時間が必要になるときは必ずくる。
感情的に済ませるのではなく、客観的に、である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中