西海岸サンタモニカビーチ ロサンゼルス LA

ロサンゼルス LA パート1 西海岸サンタモニカビーチ

 

 

前回のニューヨーク編から西へ移動します。アメリカ西海岸、ロサンゼルスのご紹介です。

 

ボストンとの時差は3時間ほど。

公共交通機関は地下鉄、バス、大型バス、タクシー等があります。

観光名所の近くには地下鉄が通っているので問題ありません。

まずは行くことになった経緯からご紹介します。

 

 

寮を出ていくことになった

11月上旬のこと。

当時寮で生活していた僕は寮母からある手紙を受け取りました。

読んでみると次の内容が。

 

2011年11月20日-11月28日までこの寮は使用できません。なおどうしても使用したい場合は$30/dayかかります。

9日×30$=270$

なに、どうしたの、あの火災報知器の一件まだ引きずってるの、

【過去記事➟(波乱の幕開け 留学生活スタート)】

そんな訳もなく。

 

アメリカでは11月の第4木曜日“Thanks giving day”と呼ばれる感謝祭の日なのです。

これは先住民が豊作を祈り祝うお祭りです。カナダでもあるようですね。

この日は家族みんなが集まり、七面鳥やジンジャーパイを食べる、そんな風習があるのです。

 

つまり日本でいう年末年始の里帰り的なイベントがあるので、みんな帰ろうね、ということになります。

 

しかし日本からやってきた僕に帰る場所はありません。それに1週間授業ないなら、せっかくだし旅行しよう。

 

そして数ある候補の中からロサンゼルスを選んだわけです。

観光するところも多いし、どうせならハリウッドを感じよう、という愚直な理由です。笑

 

 

空港からはタクシー移動

空港からバスも出ていますが、タクシーの方が本数も多いのでオススメです。

料金は日本よりも割安ですが、頻繁に使えるような料金でもなかったことを覚えています。

ぼったくりタクシーも当然あるので、乗車前に確認することや、旅行ガイドを熟読することをおすすめします。

 

 

マクドナルドは飲み物補充し放題

目的地付近で下してもらい、まずは昼食をとることに。

一度話題になっていたマクドナルドがあったので行ってきました。

日本と変わらないように見えるのですが、飲み物にポイントがあります。

 

実はこのドリンク、お代わりし放題なのです。

空になったらサーバーに持っていき、好きなものを補充できる。完全にドリンクバーですね。

こちらの人が横に大きくなる理由も少し理解できます。そこに糖分があるんですもん、飲んじゃいますよね。

 

 

サンタモニカビーチ

初日のビックイベントがこちらのビーチ。

サンタモニカビーチです。

日本と反対側からみる太平洋です。

11月は日本と同じか少し暖かいくらいなので泳ぐことは避けました。

ここには子ども向け遊園地やレストランが多く、家族連れでやってくる層が多いようです。

こういう写真も撮りたくなってしまうほど素敵です。

中二病ですね。

 

 

ショッピングモールは徒歩数分

またビーチから100mほどの距離にはショッピングモールが立ち並ぶ。

完全にコンパクトシティ。

ビーチから歩いてそのまま向かえます。

観光地に行くとよくやるあるあるです。
とりあえず手当たり次第に目の前にあるものを撮る。笑

意味も背景も分かりませんが、ダイバーシティを感じます。よくわかりませんが。

 

 

太平洋の夕焼け

そして夕焼けをバックに太平洋と一枚。

ちなみにロサンゼルスはニューヨークに次いで治安の悪さ第2位です。

あんまり夜遅くまで出歩かないようにしましょう。

 

 

コダックシアター

夜も欠かすことなく満喫します。

最後はコダックシアターへ。

ショーやミュージカルといった娯楽も充実しているのです。

有名なシルクドソレイユを鑑賞。40$くらいだったと思います。

全体の3割くらいは疲れで寝てたことも思い出です。

次回も良ければよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中