フィールドワーク委員お疲れさま

今日は担当していたフィールドワーク委員会の最終課業の時間でした。

このフィールドワークとはどういった趣旨で取り組んできた内容かを纏めますね。

現地調査を通して二本松市内の魅力を見出し、外へ情報発信すること

ただし下記条件付

与えられた課業時間➟2コマ(50分×2)/フィールドワーク当日(8h)
委員会活動時間➟2週間に1回

「え?」ってなりませんか。笑
僕はなりましたよ。

ここから端折ります。笑

①調査内容/発表方法/注意事項etc…を議論重ねること5,6コマ(各自作業)
②分業制でパワポ作成&アナウンスメント(各自作業)
③オリエンテーション実施(課業)
④フィールドワーク当日(課業)
⑤CM作成(各自作業)
⑥CM発表会&共有(課業)

そして今日の発表会終了です。

上手いことまとめながら作業できて本当によかった。

各班色々なCMを作って面白かった!
気付いた点感じた点が2つ。

1.聞き手の対象をどう捉えているか

2.記憶に残っているか

インパクトのある写真やアクションが満載の班もあれば、そうでない班も。

内容はどの班も魅力的でよかったのですが、印象・記憶に残っているかと言われるとどうかなと思う。

これは任国に行っても同じ話。

成果が出なければ意味がないようにも感じるけれど、

そうではなく、

「ああ、こんなことをしてくれた隊員がいたな」

「この人はすごく良い奴で、こんなことやあんなことをしてくれた」

それでいいと思うんですよね。

対比されたり色んな弊害があるのもわかりますが、

でもそれだけ相手の心を動かし、感情を引き出せただけで素晴らしいと僕は思います。

今回のフィールドワーク、本当にお疲れさまー!

まだスワヒリ語の課題終わっていないのでやります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中