高栄養価の食材バナナ がん予防効果も期待

おはようございます。

最近雨が降らず日照りの続く任地エムハヤ,ルアンダです。

ケニアのGDPのうち、農業が占める割合は4割弱。降雨不足は深刻な問題です。

晴れの方が気持ちは良いのですが、野菜栽培や家畜のためにも降雨量が欲しいところですね。

 

高栄養価の食材バナナ 詳しく調べてみた

さて、僕の朝食メニューはほぼ決まっています。バナナ、前日のご飯の残り、お茶漬けです。

すごくお腹が減った朝はお茶漬けや前日の残り。そうでない場合はバナナ2,3本と緑茶or紅茶。

こんな感じで毎朝過ごしています。

そんな朝食のひとつであるバナナ。

・それほどカロリーが高くない
・血糖値をゆっくりあげてくれる
・エネルギーに変わりやすい

などの知識はもっていますが、栄養素や効用についてまで調べたことはありません。
毎朝口にするバナナ、その栄養素は知って然るべきだなと思ったわけです。

今回はそんなテーマでお伝えします。

 

バナナの歴史を紐解く

今から約100年前、1900年代前半に台湾から輸入された台湾バナナが日本における初めてのバナナとされています。
一部の商人たちが約70kgのバナナを神戸港に運びます。

一部の市場に出回ると美味であることが広まったのです。

1940年頃になるとこれまで以上に大量のバナナを輸入し、日本全国に溢れるほど浸透したといいます。
同時に飽和状態となり、夜店にて安価でたたき売りされるようになります。
これが有名な謳い文句の「バナナのたたき売り」の語源です。

その後供給超過を抑えるため調整したところ需要に対し物価が上昇。
かなりの高級品としてバナナが扱われます。

1950年代、戦後になると一部の商人たちが再び輸入を再開させます。
この頃の価格は5-6本で250円前後だったようです。高いですね。

1960年代に入るとフィリピン、コスタリカ、エクアドル、パナマなどの温暖地域からの輸入も試験的に始まります。
まだ60年弱しか伝来してから経っていないんですね。

その後伊藤忠商事や豊田通商、住友商事など大手により事業化され継続的な輸入が開始されます。
そして現在では一般家庭に広く浸透するほどに安定したようです。

バナナの歴史は割と最近の話なんですね。

 

栄養素と効用

継続的なエネルギーの産出

バナナは様々な種類の糖質が含んでいます。

・でんぷん
・ショ糖
・ブドウ糖
・果糖

これらの糖類は分解されエネルギーに変換されます。しかし糖の種類によってその取り込まれる時間は異なるのです。

そのため長い時間エネルギーを生み出すことになります。

マラソンランナーやサッカー選手が試合前に口にするのはこうした長時間のエネルギー補給を意識しているためであると考えられます。

筋肉にとって良質なエネルギー源

栄養素のひとつにカリウムというものがあります。これは体内のナトリウムを体外に排出する働きを持ち、高血圧患者などに良いとされています。

ナトリウムは端的な例を挙げると「塩」ですね。そうした過剰なナトリウムを外に出してくれるカリウムを、バナナは多く含んでいるのです。

この役割は筋肉にも使われており、痙攣など筋肉の疲れを解消してくれる効果があるのです。不足することで筋肉が衰弱し障害を生じる可能性もあります。

風邪予防,肌荒れ,精神安定

ビタミンC,ビタミンB,マグネシウム。
これらは風邪の予防に効果的な栄養素の代表です。

がん予防対策

バナナは免疫活性力や抗酸化力が非常に高いことで有名です。
スイートスポットと呼ばれる黒い斑点がありますよね。

あれはがん細胞を死滅させる成分が多く含まれていることを示しているという論文があるようです。
もちろん100%ではないでしょうけれども。

これはがんの発症を抑える白血球の数を増やしてくれます。なので普通に食べるのも○ですが、黒い斑点が出るまで待つのが◎ですね。

 

プチネタ集 in ルアンダ

1本あたり3円

僕の任地であるケニア,ルアンダでは1本あたり3円で販売されています。

もぎ取ったバナナを籠に詰め込み路上で販売しています。
仲介業者や箱などのコストはかかっていません。

利益を乗せている上でこの価格設定。
消費者としては嬉しいですが、原価に見合っているのか気になるところです。

歩道がバナナの皮だらけ

そこらじゅうにバナナの皮が落ちています。
バイクドライバーや小さな子供たちが購入し、その場で食べては皮を捨てていくのです。

自然分解されるとはいえ堂々と捨てていく姿に違和感を覚えます。
今後もその文化は無くならないと思います。

「どうせならもうひと房買っていきなさいよ」

バナナはひと房あたりに10-15本ついています。3,4日で消化するためひと房がちょうどいい量なのです。

しかし大きなお金を出すとお釣がないためか、または素直に売りたいためか、もうひと房売りつけようとしてきます。

「あなたは細いからもっと食べなきゃだめよ。さあ買っちゃいなさい。」
そんな売りつけ方もあるわけですね。笑

「また来るから」と伝えると素直に開放してくれるのでオススメです。というか実際に数日後にはまた行くんですけどね。

ぜひ口にする機会を増やしましょう

なんだか回し者のような〆方になってしまいました。

身近な食材であるバナナ、健康管理や美容のためにもぜひ。

【参考文献】
・Dole バナナの歴史を紐解く

・旬の食材百科 バナナに含まれる栄養素とその働き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

▷山形県天童市出身▶︎青年海外協力隊員 ▷jocv 2018-2 コミュニティ開発(農作物栽培×地域活性化) ▶︎大学卒業後→経理財務→焼肉屋→現在▷心地よい生活を求めライフスタイル探求中▶︎料理とお菓子作り好き▷色んなものを疑いながら日々生活中