Profile

鈴木雅仁 | Suzuki Masahito

【略歴】
1991年山形県天童市生まれ。青森公立大学で経営経済学部入学。会計分野で非営利組織会計を 専攻。大学卒業後、会計事務所及び一般企業に就職し、経理財務担当として4年半勤務。その後退職し、青年海外協力隊へ参加。2018年10月から2020年10月まで東アフリカ, ケニア共和国の西部ビヒガカウンティへ。開発教育や農作物栽培に関するオフィス業務のサポートを行う。

自己紹介

背景

ブログをみてくださる方が増えてきたので、もう少し自己紹介を詳しくしようと思います。ご覧頂いている皆さんありがとうございます。

経歴

<高校時代>

コツコツ勉強するタイプ。朝始発で学校へ行き、灯油ストーブの前で友達と雑談しながら勉強。

学級委員やテニス部部長を務めるなど、人前で活動することへの抵抗は無かった。

控えめな性格で積極的に誰かのところへ話しかけに行くような事は無かった。

ただ一度心を許すとよく懐き、その奔放な様子から天然と良く呼ばれていた。

 

<大学時代>

高校に引き続き真面目だった。定期試験では在校生1,500人前後の規模で上位10名にほぼ毎回入選されるほど、勤勉さは健在だった。

一方でスマブラ、麻雀、パチンコ、ボーリング、飲み会と大学生の鏡のような娯楽生活も存分に楽しんだ。ゼミに在籍している友人たちのおかげで日々の生活は充実し、旅行へ行ったりサークル活動をしたり、この辺は普通にキャンパスライフを謳歌していた。

また大学1年の頃、大学初の米国留学制度が確立され、審査の結果採用してもらい3ヶ月間の単身アメリカ留学へ。

東海岸マサチューセッツ州ボストンの語学機関で英語を使ったプレゼンテーションとライティングのスキルを学ぶ。

-最初の1週間目-
契約済みの部屋に別の人が既に入居、火災報知機稼働、学生食堂利用不可、指定ワクチン不接種の誤認通知などなど。

MITとハーバード大学から眺めるチャールズリバーをみて何度飛び込もうかと思ったくらい辛かった。笑

帰国後は取得したコミュニケーション能力で自信を付け、カンボジア、ボリビア、マレーシア、イスラエル、イタリアなど全12カ国を訪問。

多様な文化や国民性に触れ、分かることがどんどん楽しくなっていく感動を覚える。

同時に日本へ対するメリットとデメリットにも気付き始めながらも、周りの勧めもあり一般企業へ就職。

 

<社会人1年目>

卒業後は会計事務所に入社。

しかし入社するとよく分からない洗礼を受け9ヶ月で退職を決意。

・部署内での定期的な無視  // 処理したことの無い業務を見てこなしてくれという指示 // 駐車場の雪掃き&所内清掃(新卒が1年間やる。もちろん無給である) //  最初の1ヶ月は8畳ほどの和室で昼食を取らなければならない //  電話は1コール以内にとる

いまこうして振返ってもその必然性を感じない。

とはいえ基本的な経理業務や給与計算,コンサルティングに関する大まかな概要や仕組みは理解できたのでその点は良かった。

1年目で早々に辞めるという決断は当時の僕にとって意味のある決断であった。

 

<社会人2-4年目>

その後都内にある一般企業の経理財務として再就職。

債権債務管理、CF計算書の読み方作り方、その他経理事務を上司のもと学ぶ。

大変面倒見の良い上司に恵まれ、帰宅時のご飯や仕事の悩み、そうしたことを厳しくも温かく伝えてくれる方であった。

 

しかし入社して2年が経つ頃、その上司が突然の蒸発。突然上司がいなくなり、その事実が発覚した2週間後には決算業務が控えていた。

自分とパートさんの2名、そして担当税理士とやり取りしながら処理することに。なんとか形にはなった決算書に少しだけ自信を覚えた。短期間ながらも一人で決算業務を遂行することができ、関係者からも一定の評価を頂くことができた。他部署を含む多くの関係者との連携をとるために必要な協調性、プレッシャーを感じながらも作成した書類に印鑑を押す責任感、様々な圧力に耐える忍耐力など多くの経験を得ることができた。

 

<現在>

そして現在、ケニア共和国,西部ビヒガカウンティ,ルアンダで生活している。任期は2020年10月まで,職種はコミュニティ開発,農家に野菜栽培や開発教育についてワークショップを開いたりする。

もともと学生の頃から海外で住んでみたいという夢があり、若いうちに経験しておこうと考えていた。一方で30代での退職や復職は日本においてはネガティブに捉えられがちである。前職でもっと経験を積もうと考えたときもあったが、1度切りの人生を楽しみたいという想いを優先し現在に至る。

 

 

趣味

料理

大学生になってからより本格的にやり始めた。母親の影響で料理やお菓子を作るのが好きになり現在も続けている。好きな食べ物は和食全般と納豆汁とアップルパイ。ケニアに来てからも色々作っている。

旅行

国内外問わず好き。自分の知らないことを目の当たりにして、それが分かると感動する。とにかく体験するのが好きだ。一人旅が多いけれど、友達や彼女と旅行するのも好き。色んな環境を楽しめる方であれば大歓迎なので、ぜひ行きましょう。

人と話すこと

学生時代から友人と話すことが好きで、主に将来についてや恋愛ネタが多かった。実際オフィスワークよりも焼肉屋で働いていた時の方が楽しかった。対面でお客さんと話したりする意味は大きかった。

対面でも文字でも、人と関わることは好きです。

 

やりたいこと

これまでひとつの目標としてきた”海外で暮らしてみたい,働いてみたい”という項目が達成された。このあとどうしようか悩んでいる。

①総合商社など海外も拠点にしている会社での復職
②海外駐在
③普通に日本企業で復職

この辺りを視野にいれている。

 

さいごに

少しでも興味をもってプロフィールを読んだくださりありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

 

【関心を寄せているテーマ】

・栄養学,世界の食文化について

・各国における簿記会計のしくみ

・アニメ(銀魂,オーバーロード,サイコパス,かぐや様は告らせたい,etc…好きです)